筑紫野市の振袖レンタル・撮影スタジオ「オープンハート二日市」|後悔しない!成人式・振袖レンタルガイド

成人式・振袖レンタルガイドFurisode guide

  • TOP>
  • 成人式・振袖レンタルガイド

特別な一日、
大切な一瞬だから
―成人式準備と失敗しない
振袖選びのポイントーFurisode guide

こちらでは、筑紫野市の着物レンタル専門店&撮影スタジオ「オープンハート二日市」が、成人式・振袖レンタルガイドをご紹介します。

一生に一度しかない成人式。「晴れの日を、とびきりの装いで迎えたい・迎えさせてあげたい」と考える方は多いでしょう。しかしそのために必要な準備や、ご自身、あるいはお嬢様に合った振袖の選び方はご存知でしょうか?

成人式の準備

  • 成人式の準備
  • 成人式の準備

まずは成人式に向けて準備することや、前撮りの必要性、そして成人式当日のスケジュールをチェックしましょう。

成人式に向けて、まず始めることは何?

まずは「振袖をレンタルするのか・購入するのか」から考えましょう。またどちらの方法を選ぶとしても、やはり「どのような振袖があるのか」を知ることが大切。インターネットでお店のHPを見たり、実際に近くにあるレンタルショップへ足を運んだりして、実物を見てみるのが一番です。

実物を見てみるなら、1月~3月までがおすすめ。レンタルされていた多くの振袖がお店に戻ってくるタイミングです。また、前撮りや着付け、ヘアメイクはそれぞれ別のスタジオや美容室で予約を取って行うこともできますが、振袖のレンタルから前撮り、着付け・ヘアメイクまで一ヶ所で対応できる店舗なら、手間がかからず楽です。振袖選びとあわせて、レンタルのセット内容や前撮り、当日の着付け&ヘアメイクなどの詳細を確認しておきましょう。

最近よく聞く「前撮り」は、したほうがいいの?

成人式当日は何かと忙しく、「もっと写真を撮っておけばよかった!」と後悔される方も少なくありません。また「プロのカメラマンに撮ってもらった写真を残したい」と考える方も増えており、近年は前撮りを選ぶ方が多くなっています。もちろんスケジュール次第では成人式当日のスタジオ撮影も可能ですが、やはりあわただしくなってしまうため、前撮りのほうが安心だと言えるでしょう。

このほかにも、前撮りのメリットとしては以下のようなものがあげられます。

  • 成人式当日とは違う振袖・着付けアレンジ・ヘアメイクを楽しめる
  • 成人式当日の着付け・スタイルのリハーサルができる
  • 時間と気持ちにゆとりを持って撮影に臨める

もちろん、絶対に前撮りをしなければならないわけではありません。迷ったときは一度、成人式振袖レンタルや撮影が可能な店舗に相談してみるのも一つの方法です。

振袖・着物のことをまったく知らない……
という方も大丈夫です!

成人式振袖レンタルや前撮り撮影が可能な店舗には、振袖や着付けに精通したスタッフがいます。「そもそも、自分に似合う振袖の選び方がわからない」「着物、ましてや振袖なんてまったく知らない・なじみがない」というご本人様、お母様もご安心を。店舗へ足を運べば、その場でいろいろな質問をして、疑問や不安を解消できます。

費用面についても、予算を伝えておけばその範囲内で可能なプランをアドバイスしてもらえるはず。あとは数多くの振袖から、お気に入りを見つける時間を楽しめばOKです。

当日のスケジュールって?

成人式当日は、朝からヘアメイクに着付け、そして会場へ……と、想像する以上に大忙し。そのため、持ち物の準備は前日までに済ませておくと良いでしょう。

持ち物は、成人式の招待状やメイク直しの道具、ハンカチ、ティッシュ、携帯電話など。さらに着付けの場所まで自分で振袖や小物類を持参する場合は、その準備も必要です。また意外と忘れがちなのが「携帯・スマートフォンの充電」。友人と写真を撮ったり連絡を取ったりすることも多いため、しっかり充電しておきましょう。

着付けへ向かう際の注意点としては、着替えやすいように前開きの服を着ていくこと。またヘアメイクをしてもらうため、出かける際は整髪料などで髪をカチッと固めるようなヘアスタイルは避けましょう。軽く整える程度で充分です。

自分に合った振袖の選び方

  • 自分に合った振袖の選び方
  • 自分に合った振袖の選び方

振袖の選び方がわからない方に向けて、ここではいくつかのポイントをご紹介しましょう。

自分に似合う振袖を選ぶ

かわいいから、人気だから、好みのデザインだから……と選んだ振袖でも、「実際に着てみるとなんだかイメージと違った」ということもあり得ます。振袖はさまざまな染め方で独特の風合いを出すため、デザインも柄も色合いも多種多様。そして、お顔や背丈、肌・髪色といった着る方の特徴とのバランスが、全体の印象に大きく影響します。

ただご自身やお嬢様のデザインや色・柄の好みだけで振袖を選ぶと、着たときに「顔うつりが良くない」「振袖の良いところが活かされない」となってしまう場合も。そのため、振袖を選ぶ際には実際に鏡の前であててみて、「自分に似合うかどうか」をしっかりチェックするようにしましょう。

体型に合わせる

実は、振袖は同じ色・柄・デザインでも、着る方の身長や体型によって印象が変わることがあります。自分に似合う振袖を選ぶためには、自分の体型に合う色や柄を選ぶことも大切。ここでは2つの選び方をご紹介しましょう。

check!身長に合わせる
背の高い方は、振袖が見える面積が広いです。そのため大きな柄のものや、全体に柄があるもの(総柄)などがおすすめ。反対に小柄な方の場合は、細かく繊細な柄が映えます。少し個性的な柄の振袖もおすすめです。
check!体格に合わせる
たとえば斜め柄などのデザインや濃い色の振袖は、細くスッキリとした印象を与えます。反対に、パステルカラーやボリューム感のある絞り柄の振袖などは、少しふんわりと、柔らかい印象に。ご自身の体型に合わせて、「どう見せたいか」を考えながら色や柄を選びましょう。
出来る限り早く探すのがオススメ

一般的には、振袖選びは成人式の2年前からと言われます。これはやはり、「一生に一度だからこそ、後悔したくない」と考える方が多いためでしょう。早い段階から振袖を選び、準備を進めておけば、それだけ納得のいく形で当日を迎えられます。また振袖選びのタイミングが遅くなると、好みのものがなくなってしまう可能性も。とくに人気の振袖はかなり早い段階で予約が決まることもあるため、早めの準備をおすすめします。

トップに戻る